FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿泊キャンプに行ってきた

去年秋頃から少しずつ下準備を続けてきてたんだけど
今週末ようやく実現できました。

場所は埼玉県。新川町が運営する「神川ゆ~ゆ~ランド」の一角にある「自由公園」。
「かんなの湯」って温泉施設の裏って言う方が分かりやすい感じ。



ねんがんのキャンプ

写真見返すと思うよね。おれってなんて後ろ向きなんだw
前から撮れよw

ここは無料キャンプ場でして、キャンプ場って言うか何もない広場。
無料だから備品は望めないけど、かわりに自由はきく。
といった感じ。
バイクを横付けしております。
キーさえ入れれば充電出来るからね。へたれにはちょうど良い。


さんぽしながら

散歩しながらいろんな野草を集めました。





野草01

左から
 こないだも書いたカラスノエンドウ
 ヨモギ
 たんぽぽ





野草02

ながーいのがノビル。ネギみたいなもん。ていうかネギ。
 是非食してみたかった憧れの野草。
  とか言う割にはそこら辺にいくらでも生えてますけど。
中の左右がシロザ、真ん中赤いのがアカザ。
 この二つは、出会えると思ってなかったから嬉しい誤算。
 しかも二つ一緒に生えてるなんて。
 どっちも粉っぽく見えるけど(写真じゃ分からないか)、
 見えるんじゃなくて本当に粉吹いてる不思議な野草。
 アカザは鮮やかだね




野草03

左が多分シロツメクサ(この手の三つ葉は多すぎてよくわからん…)
右がヤブカンゾウ
 ヤブカンゾウも、食してみたかった野草。
 生で囓ると甘くて美味しかったよ。ちょっとネギっぽい何かがのどに残るけど。
 そしてこれもまた、ちゃんと見ればどこにでもあるよね。





野草04

イタドリ!
 これは小1の時、36kmを歩くって言うよくあるイベントに参加中に母に教えてもらった思い出の野草。
 そのときはサドって呼んでたな。
 竹のような中空になってて、皮を剝いて囓ると酸っぱくて美味しいのです。
 スナック感覚でサクサク食べられます。
 高1序盤の合宿でこいつ見つけてむさぼり食ってたら、高専5年間「繊維」ってあだ名付けられたのは良い思い出。





ごったに

ある程度生でもいただきつつ、とりあえず茹でました。
しかし致命的な忘れ物。調味料を持ってきていなかったのです。
ソーセージに期待しましたが、まともな出汁にはならず。
それでも美味しくいただけました。
特に良かったのはノビル。
茹でると甘くなる。ほんとネギ。

あとヤブカンゾウの根!
 ちょっと気になって根っこからほじくり返してみたら芋っぽい根っこになってまして。
 ちょっとそのまま囓ってみたら甘かったので、これは使えるだろうと根っこも汁に入れてみると
 甘くてシャキシャキした蓮根。
 上を生で囓り、根を汁に。これだな。





ウィスパーとお酒

食後に、山崎のお湯割り

せっかくの野草なのに生えてるところの写真がないのは後で見て残念だったけど
一応理由もあって。
ほぼ全ての野草が初めての採取だったので、見つけてはwebで確認しながら採取してたのです。
ヤブカンゾウなんかは、他の毒草と似てるっていうのもあって。
次やるときはもうちょっと自然の絵が撮れるといいね。





今夜野宿になりまして

夕日を眺め終わったら、星空を・・・見る余裕がない!
寒い!
昼めっちゃ暑かったのに、たまらん寒い!
シュラフにくるまって、かなり早い就寝となりました。
そして朝5時起床。
外にいると、日が暮れたら寝て、朝日と共に起きるというのがいかに自然かを思い知ります。
そうしないと辛いw

朝以降は昨日の疲れが残っちゃって、写真撮ることはすっかり忘れてしまってました。
序盤に書いたとおり、隣には温泉施設がありますので
そっちにいってゆっくり浸かって帰りました。

思いの外沢山の野草に出会えてよかった。
次は動物だな。今回は念のために買っておいたソーセージを使ったけど、いつかシマヘビ食べてみたい。





菜の花畑(天然)

帰り道。菜の花がものすごくたくさん生えてました。
写真の手前側はそうでもないんだけど、奥が真っ黄色なのが分かるかと思います。
キャンプ場周辺だけ無かったんだけど、やっぱり分かりやすいからみんな取るんだろうなw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAS

Author:MAS



Name:Unknown

-- World Community Grid --

解析中のプロジェクト

終了済みのプロジェクト

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。